NEWS

【事業報告】『全日本仮囲いアートプロジェクト』 渋谷区との共創により第1弾始動

【事業報告】『全日本仮囲いアートプロジェクト』 渋谷区との共創により第1弾始動

新発見ができる「ミュージアム」として、建設・住宅の「仮囲い」を捉え直す地域活性企画、「全日本仮囲いアートプロジェクト」を渋谷区の全面バックアップにより始動しました。シブヤフォントのアート作品が2019年3月18日(月)から2020年11月まで渋谷区神南にて実装されます。

事業コンセプトは「建築に、遊びを、学びを、彩りを。」として、伝える×選ぶ×繋ぐの3つをキーワードに、企業姿勢を体現する「媒体」として仮囲いを機能させようと試みています。顧客側が「選択」できる楽しみを付加し、地域との「連携」を強化していく仕組みづくりを推進することで、新たな価値の創出を行います。

●第1弾設置場所
高齢者ケアセンター跡地複合施設(仮称)
東京都渋谷区神南一丁目8番6号

●仮囲い設置期間
2019年3月18日(月)〜2020年11月

●プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000039365.html