NEWS

【イベント登壇のお知らせ】subaCO Meetup|「異彩を、放て。」

【イベント登壇のお知らせ】subaCO Meetup|「異彩を、放て。」

subaCO Meetup 「異彩を、放て。」に代表・副代表が登壇いたします。
ファシリテーターは杉山文野・手塚マキさんという豪華すぎるお二人です!ぜひ、お越しください!

– – –
2019/01/24 (木) 19:30 – 21:30 JST
会場 subaCO (明治神宮前駅徒歩3分)
東京都渋谷区神宮前6-31-21

こちらからご予約くださいませ。

◉ スケジュール
●19:30〜
ヘラルボニーについての紹介(松田崇弥・文登両氏)
・設立の経緯
・活動紹介

●20:00〜
知的障がい者×アート(同氏、ファシリテーター)
・知的障がい者アーティストの作品集の紹介
・岩手のるんびにい美術館の障がい者アーティストの紹介
・知的障がい者×アートの可能性について
・まちといろのワークショップについて
  
●21:00〜
質疑応答
●21:30〜
終了

◉ ファシリテーター紹介
●杉山文野
1981年東京都生まれ。フェンシング元女子日本代表。
早稲田大学大学院にてジェンダー論を学んだ後、その研究内容と性同一性障害と診断を受けた自身の体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を講談社より出版。韓国語翻訳やコミック化されるなど話題を呼んだ。卒業後、2年間のバックパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。帰国後、一般企業に3年ほど勤め独立。現在は日本最大のLGBTプライドパレードである特定非営利活動法人 東京レインボープライド共同代表理事、セクシュアル・マイノリティの子供たちをサポートするNPO法人ハートをつなごう学校代表、各地での講演会やメディア出演など活動は多義にわたる。日本初となる渋谷区・同性パートナーシップ証明書発行に携わり、渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員も務める。

●手塚マキ
ホストクラブ経営者、JSA認定ソムリエ、歌舞伎町振興組合理事。1977年 埼玉県出身 埼玉県立川越高等学校卒業。
中央大学理工学部中退後、歌舞伎町のホストクラブで働き始める。入店から一年後、同店のナンバーワンとなる。
2003年に独立後、現在は歌舞伎町を中心にホストクラブ、BAR、飲食店、美容、ワインスクールと幅広い分野で活躍。
ホストのボランティア団体「夜鳥の界」を中心となって立ち上げ、「僕たちにできること」をテーマにホスト独自の社会的貢献を目指し、定期的に街頭清掃活動を行う。2007年、「家族の日」には家族への感謝の想いを伝える手紙投稿サイト「ラフレター」を立ち上げた。渋谷区議ハセベケンが立ち上げた清掃ボランティア団体グリーンバードの歌舞伎町チームでも、中心的な役割を務める。2015年2月には様々なカルチャーを紹介しているPASS THE BATON表参道店で、ホストクラブの文化を6000本の空き瓶を用いたアート作品で表現し、ホストクラブを無料体験ができるエキシビジョンを開催。2015年12月歌舞伎町商店街振興組合のビル建て替え計画に伴い、解体までの期間限定で「歌舞伎町の為になる事を」の街からの依頼で24時間ネット配信スタジオTOCACOCANを開設。
新宿がダイバーシティの世界最先端だった頃を取り戻すべく歌舞伎町の文化を発信するなど、ニューリーダーとしてまちづくりにも関わりが深い。著書には「自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだ」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。