ABOUT

双子画像

MISSION 私たちのミッション

異彩を、放て。

知的障害。その、ひとくくりの言葉の中にも、無数の個性がある。
豊かな感性、繊細な手先、大胆な発想、研ぎ澄まされた集中力・・・

“普通”じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う。

僕らは、この世界を隔てる、先入観や常識という名のボーダーを超える。
そして、さまざまな「異彩」を、さまざまな形で社会に送り届け、
福祉を起点に新たな文化をつくりだしていく。

TEAMチーム・役員

松田崇弥
松田崇弥

代表取締役社長。チーフ・エグゼクティブ・オフィサー。小山薫堂率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナーを経て独立。異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットを通じて、福祉領域のアップデートに挑む。ヘラルボニーのクリエイティブを統括。東京都在住。双子の弟。誕生したばかりの娘を溺愛する日々。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

松田文登
松田文登

代表取締役副社長。チーフ・オペレーティング・オフィサー。大手ゼネコン会社で被災地の再建に従事、その後、双子の松田崇弥と共にへラルボニー設立。自社事業の実行計画及び営業を統括するヘラルボニーのマネジメント担当。岩手在住。双子の兄。バス釣りが好き。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

佐々木春樹
佐々木春樹

取締役。チーフクリエイティブ・オフィサー。株式会社ikurahdesign代表。FRAPBOIS collection designer。ダウン症の人々が描く創作活動をサポートするプロジェクト「ダウンズタウン プロジェクト」と共に商品プロデュースを実施している経験、そして、代表・副代表と同郷の岩手県出身ということから、取締役に就任。アパレル全般の深い見識をヘラルボニーに吹き込む。

泉雄太
泉雄太

全日本仮囲いアートミュージアム・本部長。大手住宅メーカーの営業、不動産仲介を経て現職。東北1位の成績を残す。母が福祉業界に務めていたことから、ヘラルボニーに参画。元・日本代表ユースのサッカー選手。仙台市出身。

丹野晋太郎
丹野晋太郎

プロジェクトマネージャー。いわて若者カフェ統括。大手広告代理店を経て、2019年4月よりジョイン。岩手県・陸前高田市が故郷。震災をきっかけに、生きていくこと、死んでいくことを肌で体感、”伝える”を仕事にするべくクリエイティブの世界へ。クライアントワーク及び自社事業全般の推進を担当。ラーメン二郎をこよなく愛する。

西野彩紀
西野彩紀

ストラテジックプランナー。ヤフーの営業を経て現職。妹に知的障害があることがキッカケとなり、スコットランド留学中に「MUKU」の活動を発見、大学時代よりヘラルボニーにジョイン。自社事業のスキーム構築、アート作品のライセンス展開、海外進出事業の推進を兼務。シルク・ドゥ・ソレイユをこよなく愛する。

稲垣かのこ
稲垣かのこ

クリエイティブディレクター。学びと食が軸の企画・制作会社「KUUMA inc.」所属。東京と神戸を行き来しながら2社での複業を実践する歩く好奇心。ヘラルボニーのクライアントワーク及び自社のブランディングを担当。関西弁。

佐々木めばえ
佐々木めばえ

PRプランナー。東京大学先端研異才発掘プロジェクト所属。アメリカにある自閉症専門のキャンプ場に勤務した経験を持つ。TEDにて「なにが障害をつくるのか」を発表する等、ADHD・自閉症等の幅広い知識を社会へ向けてプレゼンテーションする。クレヨンで作品を描き、定期的に個展を開催している。

深澤佳歩
深澤佳歩

ブランドディレクター。現在はインターンとしてヘラルボニーを支える。小学生の時、身体障害のある友人ができた経験から、福祉領域に興味・関心を持つ。新時代のヒロインを募集する「ミスSNS」TOP100選出。「MUKU」を中心として、店頭販売、販路開拓、マーケティングを担当。バスケと洋服が好き。

高橋龍
高橋龍

イノベーティブコネクター。株式会社マーケタブル 代表取締役CEO。株式会社インテリジェンス(現パーソル)で企画マーケティング担当の後、株式会社リクルートに入社。新規事業「スーモカウンター」の立ち上げメンバーとして企画、集客、採用、現場マネジメント、システム開発など歴任。2017年10月に”ビジネスとカルチャーをつなぐ企画投資カンパニー”マーケタブルを友人4人で創業。ヘラルボニーが持つ資産を活用した事業提携のハブを担う。

小野田峻
小野田峻

戦略法務。小野田髙砂 法律事務所 代表弁護士。ヘラルボニー両代表の故郷である岩手県で東日本大震災に遭遇したことをきっかけとして、東京弁護士会内有志の津波被災地訪問企画を立案。2016年11月からは、それまでライフワークとして取り組んできた社会起業家の多角的な支援を本格的に業務の一つの柱に据え、自身が代表を務める小野田髙砂法律事務所に併設するソーシャルスタートアップ向けシェアオフィス「social hive HONGO」を本郷三丁目にて開業・運営。ヘラルボニーが社会にソーシャルインパクトを与えていく為、政策的側面と法律的側面からアイディアを吹き込む。

木下岳人
木下岳人

法務顧問。アンダーソン・毛利・友常法律事務所。東京弁護士会、日本更生保護学会、Business Lawyers Probono Network(BLPN)所属。著書に「LGBT法律相談対応ガイド」がある。福祉領域の拡張を掲げるヘラルボニーを法律面から支える。趣味は登山。日本各地・世界各地の山を巡る。

VALUE私たちのバリュー

アソブ、フクシ。

1.福祉領域を、拡張しよう。
2.多者の視点で、思考しよう。
3.クリエイティブに、はみだそう。

CONTENTSヘラルボニーの実験内容

株式会社ヘラルボニーは、異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットです。 企業・自治体・団体・個人の課題を洗い出し、仮説を立て、福祉を軸とした社会実験を共創します。

  • 1. CSR・CSV・SDGsを軸とした企画のブランディング及びプロデュース
  • 2. 福祉を軸とした新規サービスの企画立案・開発、社会実装
  • 3. 社会課題を解決するクリエイティブツール(Web、ロゴ、冊子、プロダクト等々)の制作
  • 4. 福祉をテーマとするイベント・ワークショップの企画・ディレクション・編集・制作
  • 5. 知的障害のあるアーティストが描いたアート作品の社会実装(作品販売・ファブリック展開・制作物・空間演出)
  • 6. 知的障害のあるアーティストの育成及びマネジメント
  • 7. 新規コミュニティのコンセプト立案、社会実装、運営
  • 8. 各種メディアの企画・ディレクション・編集・制作
  • 9. 福祉施設に関する企画、情報収集、情報提供及びコンサルティング
  • 10. 社会課題を解決する商品に関する企画、計画の策定及びその管理

COMPANY PROFILE会社概要

  • 社号株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
  • 設立2018年7月24日
  • 所在地岩手県花巻市東宮野目1地割2番地(東京支店あり)
  • 役員代表取締役社長 松田崇弥、代表取締役副社長 松田文登